鰓呼吸

ご飯と映画と本と音楽が好きなへっぽこ女子大生の自伝ブログ。日々感じたことを雑多に書き留めてます。

不思議なポッケで叶えてくれ

 

波がなかったら、俺は海の男になりたかった。波があると酔うから。

 

この前ドライブしている時に、突拍子もなくそんな話を兄にされてちょっとだけ驚いた。

突然どないしてん!?と思ったけどそういえばこの人が昨日の夜、録画していた年末番組「無人島0円生活」を見ていたことを思い出しました。こういう単純思考で影響されやすいところ、すごく似てる。

 

波がなかったらそれはもう海じゃないでお兄ちゃん。ドラえもんにでも頼むしかないでお兄ちゃん。

 

 

 

星野源さんの新曲「ドラえもん

可愛くてあったかいハッピーチューン。

中毒性も有り。

先週のミュージックステーションに出演していて、そこで「ドラえもん」を披露されていたんだけど、あまりの可愛さに「可愛くておちゃめすぎる罪で逮捕ォ〜ーーーーー!ヒエーーーーッ」と悶えてた。

可愛いおじさんはずるいなあ。(おじさんって言っていいのか…?)

 

 

機械だって 涙を流して

震えながら 勇気を叫ぶだろう

 

ここの歌詞が気に入った。星野源の書く詩はいつも良いな。

 

 これからはAIの時代!だそうで。

新聞のどこを見てもAIの字を目にしない日はないほどです。

ちなみになんですけど、現在活躍したり、また人々の議論の対象とされるAIは特化型人工知能であり、ドラえもんのようなものは汎用人工知能と呼ばれるものとは区別されるそう。

 

 

私は昔から機械と人間の共存を描いた作品(小説、映画、漫画、音楽)には強く心を動かされがち。

本来宿すはずのない機械が魂を宿す時、それらはいつもどこか感動的だと感じます。

 

どうしてそう感じるのか、これは一体何なのか、とちょっと自分なりに考えてみました。

たぶん、元々0だったものが自分と接することで1になり2になり増えていく感覚、機械が人間に近づいてくるあの感じに心が揺り動かされてるんだな、と。知能だけじゃなくて感情をもつことに。

 

 

ドラえもんが機械であるってことなんてすっぽり頭から抜けてドラえもんを見てます。それほどまでに人間的に描かれているってことかも。

 

人間的ってなんだ?