鰓呼吸

ご飯と映画と本と音楽が好きなへっぽこ女子大生の自伝ブログ。日々感じたことを雑多に書き留めてます。

箱の中身はなんじゃろな

 

 

Instagramやってる人いる?あれってどういうものなの?」

 

 

今度SNSについてというテーマで対談をする(多分)とかで、実際に使ってる人に話を聞いてみようと思ったのか、所属しているゼミの先生が聞いてきた。

 

 

一端にも女子大生をしている私は、Instagramをほどほどに嗜んでいるため一応お答えしました、ズバリ

 

 

Instagramは宝箱」

 

 

 (知り合いはそれに対してTwitterは吐きダメたりするからある意味ゴミ箱と表現していた)

 

 

インスタ映え」という言葉が流行し、それに関する話題がブワッと溢れかえってますね。今はどうなんだろう。少し前に比べて落ち着いたのかな…?食べ物の問題とかもあったけど。インスタ蠅とか揶揄されちゃってたりしたけど。

そういうことをする人たちが自粛して落ち着いたのか、人々の関心が離れていったかどちらかでしょうね(おそらく後者)。

 

 

綺麗なもの、おしゃれなもの、素敵だと感じたものを写真に撮ってアップしてる人がやっぱり多い。キラキラが詰め込まれてる宝箱って感じ。

あくまでですけど私が見えてる範囲では、Instagramに今日食べたどん兵衛の写真とかまあ誰も載せてません。美味いけどな。吉岡里帆のパッケージの可愛さにつられてこの前まんまと買ったけどな。

 

 

「そこまでするのってなんでなの?」

 

と、また先生。この先生は薄々分かりながら聞いてきてるでしょ、と思った。確信犯め。

この、そこまでする っていうのは多分「食べ物撮るだけ撮って食べないよ問題」のこと。

 

 

捻くれた言い方すると、Instagramに載せたあらゆるステキなモノを見てるワタシ、それに触れてるワタシ、囲まれてるワタシ、こんな生活素敵でしょ?ってことなんだろうと思う。別にそれが悪いとかでは全然ない。

実際私も使っているし、フォロワーさんがアップしているものをいいね!素敵〜!と思いながら楽しんで利用してる。おしゃれなものを見るとワクワクする。そういうワクワクはなんというか、心が豊かになる気がする。(見てるだけでもね)

 

 

子どもの頃好きなおもちゃ、好きなシールを見せ合って可愛いね、いいね、素敵だねって言ってたのと一緒。

私は、私たち(?)(女子大生)は子どもとはもう言えないかもしれないですが。

 

ただそれを意地になってしちゃってるんだろう。Instagramはお写真カードバトルだ、とまで言われていますし。

手札を増やすために必死になってしまっている人々がその食べ物(以下略)問題を引き起こしちゃったのだなあ。

 

 

宝箱には大事なものをいれるって相場が決まっている、ハズ。なのに、中身のキラキラしたものの正体は残飯で。なんかそれって悲しくないですか〜〜〜〜!!!!

おしゃれで素敵なSNSだと思うからこそ、なんだかなァと思うニュースでした。(結構前だけどね)

 

使い方は人それぞれだから、説教たれるつもりはさらさらないんだけど、ひとつだけ。

 

 

 

 

食いもんを粗末にすんじゃねェよ………。

 

 

 

 

 

 

 

(ワンピース早く続き読みたいです)