読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

結婚にみる夢

 こんばんは。半袖で眠るようになりました、3号です。

 

最近はどうも就活のことがチラついて、なんとなくモヤモヤとしがちですが、美味しいものを食べてたくさん笑ってそのモヤモヤとバランスをとって日々を過ごしています。

 

 

「将来何をしたいの?」と問われることが多いのですが、決まってまず「お嫁さん!」と答えます。好きな人のお嫁になりたい。アホ丸出しか、という視線を寄越されてしまいますけどね。

 

結婚することが当たり前だ!という風潮は昔に比べて確実に弱まってきていると感じるこのご時世ではありますよね。私の伯母も独身ですが飄々と生きていますし。むしろ楽しんですらいそうです。

 

 

しかし私は結婚したいし子どもも生みたいな、とぼわ~~っとですが思っています。(できるかどうかは置いといてくださいね、しんど!)

 

家庭をもつことに対して、純粋に憧れているんです。

身内のことは謙遜して話せ、とはどこかで聞いた話ですが、私が憧れられるのは家族っていいな、楽しいなと感じさせてくれる両親と兄にあるのでしょうね。

 

 

付き合うことは契約じゃないんだから、もっと気軽に恋愛をしようよ。付き合おうよ。

 

といったようなことを、某アイドルが言っていたそうです。

恋愛に対して慎重すぎる私にはほう!となる発言でした。

 

付き合うのは約束、結婚は契約。

 

ロマンチックなイメージのある結婚に、契約という現実的な言葉はなんだか不釣り合いな気もしてしまいますが、婚姻届という誓いの書類を出すわ、別れるにはお金がかかるわ、裁判沙汰にすらなるわってもうそりゃ契約やないかーーーい!

 

そら覚悟も必要になりますね……。

 

ところで私は生まれつき色が黒い、いわゆる色黒というやつなのです。

そのため結婚の話をすると必ず、「3号が?ウエディングドレス??肌の色とのコントラスト!!!ズーーーーーwwwwwwwww」と笑われてしまいます、悲しきかな……。(いじられすぎて慣れっこ)

 

 

でも絶対着てやりますけどね!ここまで来ると意地だ!

ただ将来の自分には、とにかく”結婚”というものがしたくて躍起にはならないように気をつけてほしいですね。目的は結婚そのものではないことをゆめゆめ忘れるな~~~。

 

 

 

蛇足:0キロカロリーのゼリーじゃお腹は満たされやしない。