結婚にみる夢

 こんばんは。半袖で眠るようになりました、3号です。

 

最近はどうも就活のことがチラついて、なんとなくモヤモヤとしがちですが、美味しいものを食べてたくさん笑ってそのモヤモヤとバランスをとって日々を過ごしています。

 

 

「将来何をしたいの?」と問われることが多いのですが、決まってまず「お嫁さん!」と答えます。好きな人のお嫁になりたい。アホ丸出しか、という視線を寄越されてしまいますけどね。

 

結婚することが当たり前だ!という風潮は昔に比べて確実に弱まってきていると感じるこのご時世ではありますよね。私の伯母も独身ですが飄々と生きていますし。むしろ楽しんですらいそうです。

 

 

しかし私は結婚したいし子どもも生みたいな、とぼわ~~っとですが思っています。(できるかどうかは置いといてくださいね、しんど!)

 

家庭をもつことに対して、純粋に憧れているんです。

身内のことは謙遜して話せ、とはどこかで聞いた話ですが、私が憧れられるのは家族っていいな、楽しいなと感じさせてくれる両親と兄にあるのでしょうね。

 

 

付き合うことは契約じゃないんだから、もっと気軽に恋愛をしようよ。付き合おうよ。

 

といったようなことを、某アイドルが言っていたそうです。

恋愛に対して慎重すぎる私にはほう!となる発言でした。

 

付き合うのは約束、結婚は契約。

 

ロマンチックなイメージのある結婚に、契約という現実的な言葉はなんだか不釣り合いな気もしてしまいますが、婚姻届という誓いの書類を出すわ、別れるにはお金がかかるわ、裁判沙汰にすらなるわってもうそりゃ契約やないかーーーい!

 

そら覚悟も必要になりますね……。

 

ところで私は生まれつき色が黒い、いわゆる色黒というやつなのです。

そのため結婚の話をすると必ず、「3号が?ウエディングドレス??肌の色とのコントラスト!!!ズーーーーーwwwwwwwww」と笑われてしまいます、悲しきかな……。(いじられすぎて慣れっこ)

 

 

でも絶対着てやりますけどね!ここまで来ると意地だ!

ただ将来の自分には、とにかく”結婚”というものがしたくて躍起にはならないように気をつけてほしいですね。目的は結婚そのものではないことをゆめゆめ忘れるな~~~。

 

 

 

蛇足:0キロカロリーのゼリーじゃお腹は満たされやしない。

 

 

 

 

 

 

 

すくわれる春

朝はパン派かもしれないと最近気づきました、こんばんは?おはようございます?3号です。


ブログ更新55日ぶりです。
そうだ、私が三日坊主だ!(ドン)
見事に体現してやりました、全然威張るところじゃないですね。

この2ヶ月弱何をしてたか10文字以内で説明しろ、と迫られれば、恋をしてました。

ジェットコースターみたいな恋とはよく言ったものですが、本当にその通りでした。
登って落ちて登って落ちて落ちて落ちてちょっと登っておしまい。

今はその最後のちょっと登りつつある所にあります。います。
この二ヶ月で恋をして失恋をしました。目にも留まらぬ恋でしたけど確かに恋でした。

久しぶりに人をしっかり好きになりました。
あ、この人に愛されたい!と不意に思ったことがはじまりでした。そこからはもうフリーフォールみたいでたね。ヒューストン。ずっとその人のことを考えていました。すっかり巣食われてしまったんです。


結局気持ちを抑えきれなくて玉砕覚悟で告白をすると、なんとOKをもらえたんです。いや、もらえてしまったんです。
同情ならいらないよ、と釘を刺しましたが同情ではないよ、と笑っちゃうくらい優しい声で言われたもんでして。何度も夢か確かめましたね。


でも蓋を開けてみれば…という感じでした。
彼の方から私に向けられたベクトルは存在しませんでした。
彼は彼女が欲しかっただけで、私でなくてもよかったのだ、と感じさせる行動が目については止まらなくなりました。それでも振り向いてもらえるような行動を私が取れればよかったのですが、できませんでした。
私に対する愛情(陳腐に聞こえてしまいそう)なんてものは塵ほどにも感じなかったんです。
目の前に女がいた、オンナ、おんな、人間のメスがいた。それだけ。


それでも惚れた弱みというのがありましてですね、これがまた厄介でした。でも、でもとなかなか別れを切り出せませんでした。うまくいかない予感はあったのに。


しかし私にも我慢の限界が来てしまいました。結局「好き」よりも「虚しい」とか「悲しい」とかいった感情が勝ってしまったのです。


別れを切り出したのは私でした。現状に甘えることなんていくらでもできました。でも色んなものがそうさせませんでした。
それは自分の感情だとか、周りの人々の意見だとか、様々でしたが、その判断をさせてくれた周りの人々には今となっては感謝しかありません。



高校3年間女子高に揉まれ、大学に入学するも色恋沙汰とは程遠い所にいた私は、人を異性として好きになるという感覚をすっかり忘れてしまっていたのですが、今回の件でまだその気持ちを持てたことに、どこかホッとしています。


いろんな人に話してスッキリしてしまいたい気持ちと、 事の顛末を話す自分の言葉に自分がダメージを受けるので、それを痛い怖いもうやりたくないという気持ちの板挟みで、呼吸がしづらい感じでいましたが、周りの人たちの言葉や気持ちが私に息をさせてくれました。ありがとう。


今まで恋愛をしてこなかったツケが回ってきたと痛感しました。(タラレバ娘みたいなこと言いますが)
確実に今回の件で1歩進めたかな、と思えています。


今回の恋の相談を、知り合いである自分より長らく生きている年上の男性にずっとし続けていました。告白の背中を押してくれたのも彼で、別れの背中も押してくれたのも彼でした。

私が、この恋(失恋)を前向きに捉えられているのは確実にその人のおかけです。届かないだろうけどありがとう。


周りの人々にいかに恵まれているか、というのを実感させてくれる失恋でもありましたね。怒れない私の代わりに怒ってくれた友人、すっ飛んできてくれようとした友人達、ありがとう。


ってなんか感謝をしまくる卒業式みたいになってしまってる…(笑)


この失恋で私が得たものがとても多かった、というのが確かな一つのことでした。


春休み明けの授業、とある女の先生に「……?あれ?何かあった?失恋でもした?」と言われたのには度肝を抜かれました。(言わなければ誰もそんなこと気づかなかったのに…!)

その時は授業中(ゼミ形態のようなもの)であったこともあり「また追追…」と冗談めかしく返したのですが、なんと次週の授業(言うてしまえば今日)、私のためにとあるエッセイを用意してくれていました。

阿久悠「清らかな厭世」というエッセイでした。
その中の第4章の「人間の恋ってね 90%が失恋で 得恋はせいぜい10%なんだ」という一部分を用意してくれていました。

内容にもとても救われましたが、なによりその計らいにホロリとしてしまいそうでした。

コイツ本当に失恋してたのか…!ほかの学生に悟られるのが妙に気恥しい気持ちもあったため、ほかの学生にバレないように目を合わせて深々と礼をしました。


気になる方は是非読んでみてください。私もほんの一部分しか読んでませんが得るものがたくさん詰まっている予感がしています。



結局何が言いたいのかって言われるとまとめられませんが、こんな形でブログに残しておくのも悪くないかと思ったんです。成長の記録、ですね。植物につけるんだから人間につけたっていいでしょう。


恋だとか愛だとかについてとても考える機会の多かった春休みでした、今までこんなに考えたことないってくらい(笑)


考えてみたことをまたえっちらおっちらブログに記して行こうかな、という心持ちです。
基本的に「なんでやねん!?」というスタンスは変わらなさそうですが、ご自愛ください。



蛇足:明日2限なのにこの時間にブログを更新している場合ではない

時間と休みにさよならを、

 

こんばんは。鼻を噛みすぎて鼻のしたが大荒れです。3号です。(風邪)

 

お別れってどうしてこんなに寂しいんだろう!?!

と、感情がブワっとなったのでここに吐き出してみようかと思った次第です。

 

私、家のすぐ近くにあるフィットネスジムに通っているんです。四月でちょうど、一年になるんです。(といっても本格的に通い初めたのは夏頃から)

2016年、何をしましたか?という質問をされれば即答で「ダイエット!」と答えられるくらいには減量に成功しました。-15キロほど。ダイエットの話はまたいずれ。

 

で、そのダイエットのモチベーションを保つことができた大きな要因。

それは、週に一回のエアロビクス!!!なのでした。バイトの後に音速で帰り、そのエアロビだけには参加するようにしていたんです。

なにより楽しくって楽しくって。エアロビのお兄さんがそれはそれは爽やかで。(ここ大声で)

 

楽しみたさ半分、お兄さんみたさ半分で毎週通っていました。

年が明けてからは、一応の目標に達したせいでジムもエアロビもサボりつつあったのですが、今日久しぶりに参加してみると、

な、なんと、最終回とな!?!?

 

プログラムが変わるみたいで、その時間は他のプログラムになるそうなんです。

そのお兄さんが担当というのは変わらないみたいなんですけど、

私はそのお兄さんの!エアロビクスが!大好きなんだ!という気持ちでいっぱいです。

 

完全なお別れでないとしても、区切り、というんでしょうかね。そういうのも寂しいよなあと、しみじみ思いました。

 

小学校から中学校に変わるとき、顔ぶれは変わらないのに、卒業式でわんわん泣いちゃうあの感じでしょうか。私の場合はですが…。

 

「またすぐ会えるじゃん!泣かないで!」

 

というようなよくある別れの場面のセリフ。いや、わかってるねん。でもそういう問題じゃないねん。となってしまいます。

 

いや、そもそも何をもってまたすぐ会えると…!?!?どんどん考えが斜めになってきました、戻りましょう。

 

その時間をもう二度と味わえないかもしれない。その時間を、その人と共有できないことからくる悲しみ。

つまりは、その人との別れではなく、その時間との別れに涙を流してしまうんでしょうね。

 

 

ジムのお兄さん。ありがとう。私のダイエットが成功したのはあなたのおかげと言っても過言ではないです、3割くらい。

 

「動機はちょっとくらい不純な方が良い」ですね。

先述しましたが、ダイエット、おやすみ期間っぽくなっていたので、また再開してみましょうかね。新しい動機を見つけて。

 

蛇足:ちなみにエアロビクス、びっくりするくらい激しいです。メガネ吹っ飛びそうなくらい。

 

 

 

 

 

 

 

吊り橋ランデブー

 

こんばんは。ウイスキーボンボンで酔っぱらいます、3号です。

 

先日宣言した通り、バイオハザード・ザ・ファイナル」をレイトショーで鑑賞してきました。

暇をもてあました兄と二人でフラフラと観に行き、二人してビクビク震えてきました。ぶっちゃけ持っていたポップコーンが宙に浮きかけるレベルでした。心臓に悪すぎ。

 

ここでちょっと、時を上映前まで巻き戻します。

 

上映までの待ち時間。「最近映画館で何観た?」と映画好きの兄からの何気ない質問。そういや何だったっけと思い出してみると、クリスマスに女友だちと二人で見たドント・ブリーズが最後だったことを思い出しました。(かなり笑うとこ)

 

「息をすると殺される…!」という感じの手汗、脇汗、背中汗のトリプルパンチお覚悟のサイコホラー映画だったんですけど、まあクリスマスに観る映画では確実になかったんですよ。

観終わった私たち二人の顔はもう死んだ魚よろしくという具合でしたし…。

 

しかし!カップル客が多いのなんの!

 

クリスマスにカップルで…!!?!?正気か!!?と思いました。(ほっといたれ)

ホラー映画をカップルで観ることのメリットってきっと「きゃ!こわい!」ができるのと、同じスリルを味わえるってところにあるんですかね。

 

映画自体がそもそも、一緒に観た人と感情を共有させてくれるものだと私は思ってます。まあそりゃ個人差はあれど、ですが。

 

そのホラー映画を観ることで、疑似吊り橋効果を楽しみに来ているのではないのでしょうか。

いいじゃないですか。ぶっちゃけ私も兄とではなく素敵な異性とでもいきたいところでしたね。兄が拗ねるので言いませんけどね。

 

怖い状況を二人で擬似的に味わうことで、相手の存在の大きさを確認して愛を深める、みたいな。

おいおいそんなことでしか存在の大きさを確認できないのかよ、という意見もあるでしょうがあくまで、ホラー映画の楽しみ方の一つとして!ということなのでご容赦を!

 

少なくとも私は、実際毎日生活をしていて、お化け屋敷にでも入らないと吊り橋効果が働く状況なんてないですし。他になにかあるのでしょうか、気になります。

 

 

人生という吊り橋を、僕と一緒に渡ってくれませんか?

 

「あなたとなら!お供するわ!」って思えるような相手だといいのかもしれませんね。まあまたそれは違う話になってしまうのでこのあたりで。

 

 

蛇足:バレンタインチョコ(自分用)にピエール・マルコリーニを買いました。あれはチョコであってチョコでない。チョコを越えたチョコ……。

 

 

 

 

 

ブログをしてみんとて!

 

はじめまして、人から動物からモノまで色んなものに顔が似ていると言われます、3号です。

 

大学の友人がブログをしていて、とても素敵で楽しそうだったので感化されてしまいまして始めることにしました。

今までは考えたこと、感じたこと、疑問に思ったことをツイッターにぶちまけていたんですけど、折角なのでブログにまとめてみるのも悪くないかと思いまして。

 

記念すべき記事の一つ目は、はてなブログさんの「最初の記事を書いてみましょう」という親切なお導きにしたがってみようと思います。

 

自己紹介、ということでまずは自分のことについて。

見た目は女子大生!中身は初老!その名も(割愛)

 

平々凡々の女子大生をやっています。特に何をすることもなく毎日を過ごしていて、学校とバイトの往復をしている感じです。本当に平凡。よく言えば平和です。

 

 

ただそんな毎日の中で、考え事だけはずーーっとしてるんですよ。

いやいや考え事なんて誰でもしてるでしょ、って確かにそうではあるんですけど考えごとの振り幅が大きいのではないかなと自分で思っています……。

というか日頃疑問に思うことが多すぎて多すぎて、「どうしてなんで」と口癖のように言ってしまいます。しかも自分で考えても解決できないことばっかりなんですよね。

 

ネットで調べたら解決するだろうって疑問ももちろん多いんですけど、どうしても一度自分で考えてみたい疑問ってあるんですよ。自分なりの答えを一回!一回出したい!一回出させて!!という感じで。

自分で考えて、他の人も考えも聞いて「ほうほう」となるのがとても好きだし、楽しいと感じます。

 

なので、ブログではそういう日頃の疑問とかを綴っていけたらと思っています。そしてそれを見た方の考えや意見も頂けたらきっと楽しいのではないか!という考えに至っております。

疑問、なんて仰々しい?感じにしてますが、些細なことばかり(例:ショートケーキどこから食べる?、禁断の果実はどうして林檎?バナナじゃ駄目なの!?、運命って何
?)………なのでのんべんだらりとやっていきたいです。

例にあげたのが、あまりにもどうでもいいわ!!!と思われがちな話題すぎましたが、どうでもいいこと突き詰めていきましょう^^^^

 

毎日投稿!とはいかないかもしれませんが、なにか思いつくたびに投稿しようと考えている所存です。

拙い文章に加え、些細すぎる疑問ばかりになることが予想されますが、「ググれカス!」という言葉は忘れてお付き合い頂きたいです。よろしくお願いします。

 

 

蛇足:これからバイオハザード観にいってきます。